読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まさかさかさま

身近なできごとを取り上げて ブログを書いています 言葉遊びで「回文狂歌」をつけています

館山市 富士の自負

f:id:rakuchinojisan25:20170202135439j:plain

 

南房総市のお隣 館山市にある 北条海岸

夕陽で有名ですが この時期は富士山です

 

晴れた冬 西に向かって開けた 北条海岸では

館山湾の向こうに 雪を被った富士山が見える

 

富士山をシルエットに 沈みゆく夕陽と空

多くのカメラマンが ベストショットを狙う

 

今日は 昼間でしたが 富士山が綺麗でした

隣の街ですが ちょっと自慢したくなりました

 

回文狂歌館山市 富士の自負

じまんまじ     自慢マジ

かんせつせんか   冠雪せんか

ふじのじふ     富士の自負

たてやまやでた   館山や出た

うみやまやみう   海山や見う

いつの間にか 二月如月

f:id:rakuchinojisan25:20170201160854j:image

いつの間にか  一月が過ぎ

あっと言う間に  二月如月

 

吹く風は冷たく  西高東低ですが

お隣の庭の梅は  こんなに綺麗

 

春の訪れが  もうすぐそこまで

二月は  わたくすの誕生月です

 

回文狂歌:  早くも  二月如月 

むつきつむ             睦月摘む

きさらぎらさき      如月ら先

はるくるは             春来るは

かのめうめのか      かの芽梅の香

へぶらりらぶへ      ヘブラリラブへ

 

 

 

 

稀勢の里 横綱に

f:id:rakuchinojisan25:20170122193348j:image

 

大相撲初場所  大関稀勢の里が優勝

千秋楽でも  白鵬を破り  横綱昇進へ

悲願の初優勝と  「横綱」を手にした

 

これまで  幾度となく  チャンスを逃し

大事なところで  星を落とした大関

インタビューで  思わず声を詰まらせた

 

国技・大相撲  日本人横綱  誕生です

相撲ファンとしては  嬉しい限りです

 

回文狂歌: 稀勢の里  横綱

きゆるゆき          消ゆる雪

はじめてめしは   初めて召しは

いはしはい          祝賜杯

きぜせきせぜき   萌せ稀勢関

ねんがんがんね   念願元年

安房神社

f:id:rakuchinojisan25:20170119154218j:image

由緒ある  安房国一ノ宮  安房神社

古いお札を返しに  行ってきました

 

去年一年の  健康に  感謝して

今年一年の  無事を  祈念した

 

少し曇り空でしたが  静かな境内で

妻の引いたおみくじは  大吉でした

 

回文狂歌:安房神社に古札返納

あわいわあ           安房祝あ

いちねんねぢい    一年ね爺

とじぶじと           閉じ無事と

おふだつたふお    お札伝ふを

おかえしえがお    お返し笑顔

 

 

サロン講演会

f:id:rakuchinojisan25:20170112214337j:image

東京・恵比寿の  親業訓練協会

今日は  月に一度のサロン講演

 

顔見知りの  松本純さんが講師で

「これって発達障がい?  個性?」

 

ご自分の  子育ての経験を元に

ゴードンメソッドの  有用性を

笑いも交えて  話してくれました

 

子どもの心に寄りそう  工夫や

受け止め方などを  学びました

 

回文狂歌:松本純さんのサロン講演

きいていき            聴いて活き

まつもともつま     松本持つ間
まなぶなま            学ぶナマ
えびすうすびえ     恵比寿うす冷え
かんろさろんか     甘露サロンか

 

 

ご近所飲み会

f:id:rakuchinojisan25:20170111145453j:image

 

年明けて  ご近所飲み会  隣の純介さん

そのお友達で  竹工芸作家の  破風さん

 

それぞれ  奥様方もご一緒に  6人

お酒や  お料理を  持ち寄りました

 

モノ作りを  職業とした  お二人の話

そこに至るまでの  寄り道や楽屋話

 

あっと言う間に  五時間が  過ぎました

 

回文狂歌:破風さんの工芸談議

うふはふう           うふ破風

たけあみあげた    竹編み上げた

さけあけさ           酒開けさ

おいがゆかいお    老いが愉快を

たけまでまげた    竹まで曲げた

 

出てきた財布

f:id:rakuchinojisan25:20170106161200j:plain

 

お正月明け 横須賀市に暮らす娘が
孫たちを連れ 千倉に帰省しました

 

中学2年生と小学4年生の 男の子二人
ご馳走を食べ 今日 帰っていきました

 

浜金谷の フェリー乗り場まで 送ったついでに
蕎麦屋さんに忘れた 財布を取りに行きました

 

大晦日 家族6人でおそばを食べて 勘定の際に
つい財布を棚に置き そのまま忘れてきたのです


新年を迎え ポケットから落ちたと 諦めた所に
なんと お蕎麦屋さんから 電話をもらいました

 

どこで失くしたのか さっぱり分からなかった財布
わたくすの記憶力と判断力の衰えに トホホです

 

回文狂歌:失くした財布が出てきたよ!

まごなごま     孫なごま

にがそみそかに   苦そ晦日に

ほぼとほほ     ほぼトホホ

なくすりすくな   失くすリスクな

さいふまぶいさ   財布マブイさ