まさかさかさま

身近なできごとを取り上げて ブログを書いています 言葉遊びで「回文狂歌」をつけています

浸水を防げ!

f:id:rakuchinojisan25:20170921095021j:image

 

今月15日から プノンペンに来ています
カンボジアのお盆 プチュンバン初体験

 

一緒に来た妻は 仕事があり先に帰国
わたくすは あと5日ほど 滞在します

 

昨日 すごいスコールがあり 町中が水浸し
溢れた雨水が お店の前の止水板を越える

 

川のようになった道路から 浸入する水を
バケツで止水板の外に ひたすら吐き出す

 

丁度プチュンバン休みで スタッフも居らず
娘と一緒に三人で格闘し 大汗を掻きました

 

一時間もすると 雨も上がり 水も引き始め
何とか 店の中への浸水は 食い止めました

 

いやはや こんな事もあるんですね
今朝  太ももと腕が 筋肉痛ですよ〜

 

回文狂歌:浸水を防げ!

 

おみせみお           お店見よ
すこおるおこす    スコール起こす
みずはずみ           水弾み
ばけつかつげば    バケツ担げば
しんすいすんし    浸水寸止

飛んでくるのは?

f:id:rakuchinojisan25:20170914153915j:plain

 

北朝鮮の一連の核実験 ミサイル開発に対して

国連安保理は 制裁措置を決議 緊張が高まる

 

「核を持つことは 自衛的措置」だという 北朝鮮

「核を持つことは 許さない」という 核保有国ら

 

日本や米国に 激しい対抗姿勢を見せる北に

更なる圧力か? 更なる歩み寄りと対話か?

 

米国・トランプさんの 強硬ちゃぶ台返し

飛んでくるのは 茶碗ではなく ミサイルだ

 

回文狂歌:飛んでくるのは?

 

きむはむき    金はムキ

みさいるいさみ  ミサイル勇み

かくだくか    核抱くか

しりおあおりし  尻を煽りし

かけひきひけか  駆け引き引けか

 

志桜里無理をし

f:id:rakuchinojisan25:20170908102532j:plain

 

民主党 山尾志桜里議員が離党

 

不倫疑惑を報道された山尾議員 民主党を離党

一方的会見で 質問には一切答えず 雲隠れか

 

自民党に向けた 舌鋒は 自分に返ってくる

くわばら くわばら 議員辞職を求める声も

 

今井 豊田 中川先生らとグループでも作るか

 

回文狂歌:志桜里無理をし

 

あまいまあ    甘いまあ

しおりむりおし  志桜里無理をし

りとうとり    離党取り

あなたもだなあ  あなたもだなあ

くるしいしるく  苦しい知る苦

工員ABC

f:id:rakuchinojisan25:20170907121233j:plain

 

北千住で陶芸教室をし 平日は長柄町に暮らす

息子夫婦が 友人二人と千倉に遊びにきました

 

40歳も年上の わたくすは 若者たちを伴い

館山の 某「やまと」にて 大判振る舞いです

 

同じような 紺のシャツ姿の三人

仕事の後の 工員さんのようです

 

差し詰め わたくすが 工場長で経営者

工場を 託すに足る男は AかBかCか?

 

玉の輿を伺う工員ABCに 厳しい視線が向けられる

 

回文狂歌:工員ABC

 

むかえかむ    迎えカム

たつまらまつた  辰馬ら待った

さがわかさ    差が若さ

しなでもてなし  品でもてなし

のもかわかもの  飲もか若者

虫の音の染む

f:id:rakuchinojisan25:20170904190922j:image

 

夏が終わって  秋が来ました

四季ある日本の  贅沢ですね

 

夜になると  虫の声が賑やかです

鈴虫  松虫  コオロギ  邯鄲の合奏

 

虫の音が重なり  堪りませんね

何かメッセージを  聞くみたい

 

回文狂歌:虫の音の染む

 

あきしきあ            秋四季や

むしおとおしむ     虫音愛しむ

よるくるよ            夜来るよ

よながきかなよ    夜長聴かなよ

むしのねのしむ    虫の音の染む

九月が苦

f:id:rakuchinojisan25:20170901092713j:plain

 

九月 新学期が始まるが その一方で

子どもの自殺が一番多い日 とも言う

 

「学校に行きたくない」「いじめがイヤ」

当事者の子どもは 誰にも相談できない

 

親や先生の対応も 子どもの心に響かない

袋小路から抜け出せない中 悲劇が起きる

 

「無理して学校行かなくても いいよ」

「死のうかと思うほど 苦しいんだね」

「ちょっと 一休みしてみたらどう?」

 

大人だって 生きにくい 世の中なんだもの

子どもたちの気持ち まずは聞いてみようよ

 

回文狂歌:新学期 九月が苦

 

とうこうと    登校と

はじまるまじは  始まるマジは

くがつがく    九月が苦

なやみつみやな  悩み罪やな

なやみきみやな  悩み君やな

二十歳の自分はカスでした

f:id:rakuchinojisan25:20170827151338j:plain

 

NHK 朝のテレビ小説 ひよっこを見てます
主題歌は 桑田佳祐さんの歌う 若い広場で

 

若い主人公が 様々な人と出会い 成長していく
昭和40年代を背景とした 青春ラブコメです

 

同じような世代の一人として 自分の二十歳を
振り返って 生意気で未熟な自分に驚きます

 

大学に進学したものの 勉強にも力が入らず
なんだか すべてがウソに思えて 大学休学

 

切羽詰まって 貨物船に潜り込み 海に出たが
酒・タバコだけ覚えて 目標喪失ドロップアウト

 

人生何とかなると 妙な自信だけを持って上京
将来は 日本から出てやると 旅行会社へ就職

 

いやぁ きっとこの頃が 一番生意気だったなぁ
「やりたいようにやって 何が悪い!」なんてね

 

人生のことなど 何一つ分かってなかったカスだ

 

回文狂歌:二十歳の頃の 生意気なカス

 

はたちだは     二十歳だわ
はずかしかすは   恥ずかしカスは
わがみかわ     我が身かわ
わかいだいかわ   若い代価は
なまいきいまな   生意気今な